千里カーゴサービスの取り組み

Action

運輸安全マネジメントの取り組み

2021年1月1日〜12月31日
事故防止のための安全方針

安全運行はプロドライバーの社会的使命

社内への周知方法
  • 用紙の配布
  • 事務所入口、休憩室への掲示
安全方針に基づく目標

目標人身事故/0件

物損事故/0件

社内への周知方法
  • 講師を招いての定期的な安全講習の実施(年4回)

  • トラック別安全ミーティングの実施(年2回)

安全に関する情報交換方法
  • ヒヤリ・ハット情報の収集

  • ドライブレコーダーを活用し、管理者による安全指導を実施する。

安全に関する反省事項
  • 取り組み状況のチェックを11月に実施し、問題点などの結果は後日本社・休憩室に掲示する。

反省事項に対する改善方法
  • 社内チェックにより把握した問題点について、必要な見直し・改善を行う。

安全に関する目標達成状況
  • 令和3年度目標:人身事故/0件 物損事故/6件

  • 令和2年度結果:人身事故/0件 物損事故/12件

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する情報

発生件数/0件

事故に関する情報

バック時の接触事故が多かった。

反省事項に対する改善方法
  • 社内チェックにより把握した問題点について、必要な見直し・改善を行う。

SDGsへの取り組み

千里カーゴサービスは国連が主体となって取り組んでいるSDGsに賛同し、
「持続可能な社会の実現」のための事業展開を始めています。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,20159月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
外務省HP

  • 毎年健康診断を実施し、社員の健康維持をしています。
  • 事務所内に筋肉トレーニングマシンの設置し、社員の健康を支えています。
  • 業務中や通勤時の怪我や病気に掛かる医療費は会社が全額負担しています。
  • 災害時の食料不足に対応できるよう、トラック・事務所に水や食料を備蓄しています。
  • Gマークにも通じる安全会議を定期的に行っています。

  • 国家試験でもある運行管理者の勉強を乗務員もし、テストを受けています。

  • 乗務員と収支の勉強をし、1人1人が数字を意識するように心がけています。

  • 性別・年齢に関係なく、誰もが出来る業務体制を整えています。

  • 性別や年齢を気にせず働き続けられる社会の実現を目指しています。

  • 更正保護事業を積極的に行なっています。

  • 事務所、車庫の電気をLED照明へ変更し、CO2の削減に取り組んでいます。

  •   業務に使用するトラックをすべて排ガス規制適合車にし、排気ガスの発生を減らす取り組みを行なっています。

  •   社内システムのバックアップ、クラウドの活用で災害時に備えています。

  • クラウドを活用する事でどこでもログイン出来る仕組みを作り、業務の効率化を図っています。

  • 業務に使用するトラックは3ヶ月ごとに定期点検を行い、必要な部品の交換を行い、事前に故障を防いでいます。

  • 段ボール、紙類の分別を行い、リサイクル資源としてだしています。

  • ペーパーレスを掲げ、不必要な資源ゴミを出さないようにしています。

  • ゴミを減らし、使い捨て型の消費を見直すとともに、資源・エネルギーの節約を推進しています。

  • 業務中、信号待ち等の停車時にアイドリングストップを意識し、CO2の排出を防いでいます。

  • クラウド型のデジタルタコグラフを全車両に導入しGPS管理によるリアルタイムな運行管理と配送効率化を図っています。